住宅展示場巡りについて

注文住宅検討のため、住宅展示場に行ってきました!
私たちは下調べもせずに行きました。
まず最初に、なんとなくで一つ目のハウスメーカーに入り、、。
ここの会社の特徴は?と質問しましたが、パットする答えが返ってこず。
客がひとりもいませんでしたが、年齢からかあまり相手にされず。
ハウスメーカーの営業って強烈な営業トークを繰り広げる印象で行ったので予想外。
そそくさと次のメーカーへ!
そこでまた特徴を質問すると、断熱材や外壁の他社との違いを教えてくれました。
今の住宅の性能はすごいものです。商品説明に2時間はかかりました。
ハウスメーカー巡りをするときはまず、下調べをして、目星をつけたメーカーから足を運ぶことを
おすすめします。でないと1社2時間くらいの説明がかかるので、疲れます。
1日2社回れたらいいほうではないでしょうか。
説明が長くてうんざりしてきますが、興味のあるメーカーだとなるほどと思うことが多く、
時間も比較的早くすぎますよ!
逆に、私たちが行った1つ目のメーカーのように、こちらから質問してもアピールできるような説明がないメーカーは
はすぐに立ち去ったほうが良いと思います。
商品説明のほかに私たちが質問したこととして、
やはりお金のことをききました。
全く無知でしたので、いろいろと質問してみたところ、丁寧に教えてくれました。
自社の商品に関することでなくても、親身になってくれるメーカーがいいですね。
アパート住まいと戸建での費用の違いについて質問しました。
そこの営業マンはしきりに、アパート住まいで、戸建費用を貯蓄することは難しい、
だから早く戸建を建てて、アパートの家賃を自分たちの家にお金をかけたほうが良いと話していました。
あとは、固定資産税というものがかかるけど、住宅ローン控除制度があることも教えてくれました。
展示場に行く前は、漠然としていて、マイホームは夢だと思っていましたが、
疑問や不安を直接プロの方に聞いたことで、マイホームが現実的なものになりました。
数週に分けていろんなハウスメーカーに行きましたが、それぞれ本当に特徴があります。
自分たちがなにを重視するか話し合って、焦らずじっくり検討することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする