注文住宅でこだわったところ

ずっと憧れていたマイホームを建てると決まって、工務店の方と打ち合わせをしていく中で、
私がとくにこだわったのは広いリビングです。
お金を、たくさんかければ広いリビングは当然確保できますが、予算というのは限られています。
うちの場合は、そんなに予算もなかったので、大きい家にはではできませんでした。
大きいと今後毎年払う固定資産税も高くなりますし、いっときの感情で大きくしたい!と思っても、自分たちの身の丈にあった広さにしておくことが大切だと思います。
でも、住宅展示場のようなひろーいお家、憧れますよね。

そのなかで少しでもリビングを広くしようと考えました。
これは、私も主人も一緒でした。
うちは、広さ約35坪のやや小さめの家なのですがそのなかでもリビングを広く取るために、一階は他に部屋を作らずにリビングだけにしました。
なので、デットスペースをいかになくすか、を考え、
お風呂の脱衣場や、トイレなどはほんとーに狭くしてしまいました。
おかげで脱衣場は子供2人と一緒になるときつきつです。
一畳くらいしかないとおもいます。
リビングを広くするためには我慢と思い、脱衣場のスペースを縮小。
後悔はしてません!
リビングは1日のうち、1番長くいるスペースですし、来客がきてもリビング以外に行くということはまずありません。小さい家でもリビング広いぞーと思ってもらえるようなスペースにしたい!だから、他のスペースよりも広くしておきたいと考えました。
リビングが広くなるのはいいですが、のちのち棚などを置いてしまってはせっかく広げたスペースが縮小してしまい、ごちゃごちゃして、かえって狭く感じてしまうのでは?と思い、壁面に収納棚をつけてもらいました。
ドアで閉まるようになっているのでいつでもリビングはすっきりして見え、とてもいいです。
とびらも全て白にすることで開放感もでたとおもいます。
また、収納の扉と取っ手をなくし、プッシュタイプにしたことで、よりスッキリした印象を与えることができました。
こだわりのリビングが我が家の自慢です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする